2011年3月 8日 (火)

子供の発言

最近、よく子供に言葉づかいを注意することがある。

自分で言うのもおかしいかもしれないが、

娘の言葉づかいは悪い方ではない。

しかし、マンガのようなことをたまに言う。

「エベレーター」「プゼレント」

あまりにも流暢に言うので、

一瞬、注意することを忘れてしまいそうになる。

自分も小さい頃、くしゃみのことを「ハクション」と言っていた。

しかもそう呼ぶものだと信じていた。

友人に「何それ。。。」と言われたのが小学生の頃。

あまり、焦りはないが、

そうなる前に、正確な言葉づかいを覚えてもらいたい今日この頃。

野田琺瑯

スニーカー

ギフト

2011年2月28日 (月)

メール文章の言葉

メールを知り合い、お客様に出す際は、非常に気を付けている。

ミス一つでどのようにとらえられるか分からないから。

1文字違うだけで、印象が大きく変わってしまうのが、

メールの怖いところ。

特に絵文字の使えないビジネスメールだったりすればなおさら。

一通り書き終えたら、プレビューで読み直すのは当たり前だし、

場合によっては、結論を先に書いたり、起承転結を意識する。

通信販売もそうだが、ネットワークが普及して、

顔の見えない媒体が飛躍する中、

同時に気を付けなければならないことが多くなっている。

サイドビジネス

コーヒー

紅茶

2011年2月18日 (金)

年のとり方

『枯れたすすきがまだ美しいのは

 いのちいっぱい一生けんめいに生きてきたからだ』

深っ。

確かに年輩の方って、性格や考え方に

大きな違いが出ている感じることがよくある。

自分の生き方を肯定して、絶対それが正しいという人。

自分の生き方を見つけなさいと言う人。

人の生き方についてなんて、おこがましくて言えないと謙遜する人。

一生懸命生きてきても、卑屈になっちゃう人と、

人の痛みが分かって優しくなれる人。

色々いると思うけど、

かわいく年をとっている人を見ると、

長生きしてもらいたいなぁってホント思う。

便秘解消

不妊治療

コレステロールを下げる

2011年2月12日 (土)

相田みつをさんとは

栃木県足利市に生まれた後、足利中学校に進学後、歌人の山下陸奥氏に師事。その後在家しながら仏法を学んだ。1943年に書家の岩沢渓石氏に師事。関東短期大学を祖中行ご、個展を足利市で開いた。1991年、足利市内の病院で永眠。

キッチン収納

育児

サプリメント

無料ブログはココログ